トップ > 私のワイン受験合格体験記

私のワイン受験合格体験記2021 #08


T.S.様  周南市  ワインエキスパート

念願のワインエキスパートに独学で合格!

1次試験について

市販のテキストによる学習とワイン受験.comを受講し、4月から勉強を始め、7月中旬にはぎりぎり合格ラインにまで到達したかと勝手に思っていました。1回目の試験の2週間前にワイン受験.comの模擬試験を実施したところ、偏差値が31とあまりの不出来に衝撃を受けました。

その後、追い込みをかけ、なんとかぎりぎり合格ラインに持ち込めたかと思ったものの、1回目の試験は不合格でした。

その後3週間、模擬試験を繰り返し、コンスタントに偏差値も50を超えるようになり、2回目で漸く、1次試験に合格することができました。+5,000円程度のコストはかかりましたが、2回受験にしておいて良かったと思います。

2次試験について

とにかく1次試験はパスしようと本格的な2次試験の準備は1次試験後からの取組みになってしまいました。これは反省点です。

2次試験対策に特化した参考書は見つけることができませんでしたので、ワイン受験.comの二次試験対策講座をバイブルに約1か月半、赤と白の基本品種を小瓶に詰め替え、基本的なテイスティングコメントを覚えこみました。品種あてゲームにならない様、方向性を間違わないようになるように心掛けトレーニングを実施し、試験直前までワイン受験.comの点が取れるテイスティングコメント見て試験に臨みました。

結果は、ブドウ品種とその他お酒の品種は全て外れてしまいましたが、方向性が大きくはずれていなかったためか、合格できました。

全般について

1次受験、2次試験ともにワイン受験.com受講していなければ、今回の合格は無かったのではないかと思います。
大学受験以来、数十年ぶりに本格的に勉強しましたが、合格発表を見た時は感激しました。
これまで数年間、勉強量やコスト面からワインエキスパート受験を逡巡していましたが、充実した時間を過ごすこともできましたし、挑戦してみて良かったと思います。
私自身、苦しい時期には何度もくじけそうになりましたが、来年受験される皆さんは「頑張れば報われる」ことを信じて受験に取り組んでいただければと思います。

ページトップへ

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。ご購入は20才以上の方に限らせていただきます。

Copyright © OPERA WINE All Rights Reserved.